1. TOP
  2. マインドセット
  3. ゾーンに入るためのメンタルトレーニング

ゾーンに入るためのメンタルトレーニング

集中力を極限まで高めた状態を「ゾーン」と呼ぶことがありますね。

スポーツ選手が、ゾーンの状態に入ることができれば、最高のパフォーマンスを発揮することが可能です。

今回はゾーンに入るためのマインドトレーニングについて考えてみましょう。

ゾーンとは何か?

元プロ野球選手で打撃の神様と呼ばれた川上哲治さんは「ピッチャーが投げたボールが止まって見えた」と表現し、元オリンピック選手でスピードスケートの清水宏保さんは「スタートラインに立った時、周囲の音が消え自分の滑るコースが光って見えた」とコメントしています。

これらがいわゆるゾーンの状態。極限の集中状態です。

ですが、ゾーンの感じ方は人それぞれであり「これ」といった定義ができなのです。ゾーンを体験したことのある選手にその時の状況聞くと、帰ってくる答えは十人十色。

ただし、共通しているのは、楽しい、リラックスしている、自信に満ちているなど、ポジティブな感覚であることのみです。これを科学的に分析し、選手がパフォーマンスを発揮しやすい状態を作りだすのが「メンタルトレーニング」なのです。

定義が難しいゾーンですが、どのような条件が揃うとゾーンに入りやすくなるのか?ということは過去の研究から少しづつ解明されてきているそうです。それが「強いストレスを感じ、一気にリラックスした時」です。

ストレスが多すぎてもパフォーマンスが発揮できないし、逆にリラックスしすぎても力が抜けてしまいます。緊張とリラックスがどちらも高い状態、それがゾーンなのです。

このとき、脳波はリラックスに近い状態の高シータ派はと集中力や記憶力が上がっている高アルファ波が同時に出ているというのが最新の説なのだとか。

ゾーンの時は大局よりも目の前の情報を分析するベータ派は出ていないので、理性が落ちている状態ともいえるそうです。理性とは「森よりも木を見ている」状態なので、視野が広がり、実際にひらめきやアイデアが生まれることも多いそうです。

ゾーンの状態をビジネスに活かすことも可能です。実際にゾーンは一流のスポーツ選手だけが入るものではなく、その道を極めた人であれば誰でも体感できるそうです。

しかも、「軽いゾーン」は日常でも作り出せるそうです。仕事に没頭するあまり数時間があっという間に過ぎた、なんて誰もが経験ある状態も実はゾーンなのです。

ゾーンに入るためのメンタルトレーニング

ゾーンに入るためのメンタルトレーニングは、ビジネスシーンにも応用できます。気持ち次第ですぐに実践できるものばかりですが、瞬間的に効果を得られる魔法ではありません。トレーニングというだけあり、毎日の積み重ねが大切です。

1,目標設定

目標がある人とない人では、やる気に差があるのは当たり前です。大きな目標がある、すなわち志しの高い人ほど緊張感を得られ、ゾーンに入りやすいといわれています。

ただし、漠然としすぎた目標では、何をすべきか明確でないため、途中で心がブレてしまう可能性があります。今やっている仕事やスポーツが自分の中でどんな位置づけで、何歳まで続けたいのか、最終的にどこを目指すかなど、目標はできるだけ具体的に設定します。

例えば「5年後に社長になる」という目標を立てたなら、達成するために向こう3年間は何をすべきか、1年間は、1週間は、24時間は、と逆算をして人生をプランニングしていくのです。

小さな目標を立てることで物事に優先順位がつき、作業の効率がアップします。

2,イメージ活用

多くのプロのスポーツ選手が多く取り込んでいるのがイメージトレーニングです。それも断片的にではなく、人によっては入場シーンから試合後のインタビューを受けるところまで詳細にイメージします。

「頭で思い描けなかったことは、絶対に現実でもできない」のです。鮮明にイメージができるということは、自分の能力や状況をきちんと把握できている証拠であり、小さな目標も立てやすくなります。

一度ゾーンを経験したことのある人は、最高のプレイをイメージすることで再びゾーンに入る可能性が高くなります。

ですが、やったことも見たこともない物事に挑戦する時はイメージが掴みにくい。そんな時は一流選手の動画や手本となる上司の行動を見て、「その人ならどうするか」となりきることが効果的です。

3,セルフコントロール

ゾーンに入るコツは「強いストレスを感じた後に、一旦気持ちを沈めること」と前記しました。強いストレスを感じた状態とは=交感神経が高まっていることであり、この状態を自ら作るにはサイキングアップが有効です。試合や仕事に向け気持ちが上がらない時に自らを奮い立たせる、いわば心理的ウォーミングアップです。

目的は心拍数を上げること。スポーツなら円陣を組んで大声を出す、エキサイティングな動画を見る、アップテンポな音楽を聞く。仕事なら階段を上って職場に行く、通勤ランをするなど、方法は様々です。

ただしその後にリラックスすることも忘れずに行います。最も簡単に実践できるのが呼吸です。特に息を長く吐くことを意識すると、副交感神経が優位になりやすいのです。これならデスクでも簡単にできますね。ぜひお試しください。

4,集中力

何かに集中したければ、邪魔するものをあらかじめ排除しておく必要があります。例えばスマホ。すぐにネット検索ができたりSNSを見られる環境があると、どうにも気が散ってしまいます。なるべく遠くに置いておきましょう。

一方で、自分の中から湧いてくる感情に時には集中を妨げることもあります。「昨日の商談はいまいちだったな、、、」「早く帰らないと妻に怒られる、、、」といった目の前の仕事と無関係な感情は、一度すべて書き出すのが効果的です。漠然とした不安が取り除かれ、フラットな気持ちで仕事をスタートできます。

一度他に向いてしまった意識を戻すには、フォーカルポイントがオススメです。職場のどこか一点を決め(時計や柱など)、そこを見た時は集中すると言うルールを設けるのです。これを何度も繰り返すうちに、気持ちの切り替えがうまくなってきます。

5,プラス思考

アンガーマネージメントのひとつに「プラス思考の言葉を唱える」というテクニックがあるように、ポジティブシンキングが心に与える影響は非常に大きいのです。

文字通り、考え方をプラスの思考に変え、集中の妨げとなるネガティブな感情を限りなくゼロに近づけておくことです。

具体的には、口から出る言葉を全てポジティブにする、歩き方や行動に余裕があるふりをする、プラスの言葉を見える場所に貼って常に意識するなどの方法がありますが、最も手軽に取り入れられるのが挨拶です。
挨拶は他人とのコミニケーションスキルでもあり、今から練習をするぞ、仕事をするぞと自分の心のスイッチを入れるテクニックでもあります。

ポイントは2つ、語尾と口角を上げて、大きな声で、自分に活を入れましょう。

6,セルフトーク

朝起きて鏡の前で「よーし、今日も一日がんばるぞ!」。プレゼンが成功したら「うん、うまくいった!まだまだいけるぞ!」。一日の終わりに「私は強い、世界一だ!」などといったプラスの言葉を口癖のように自分に投げかける方法です。

プラス思考と似ていますが、自分自身と会話すると言う点で微妙に違います。また、ちょっぴり恥ずかしいと感じる人もいるかもしれません。ですが自分の家なら誰も見てはいません。大いに自分と対話をしましょう。

こうして日々プラスの言葉を発していると、考え方も徐々にプラス思考になります。だるい、疲れた、やる気しね~。明日も会社、メンドくさい。これじゃ当時前モチベーションも上がらないし、ゾーンなんて絶対にムリ。本当に集中したいと思うなら、マイナスな言葉をすべて排除しましょう。

7,コミニケーション

どれだけカラダのコンディションが整っていようとも、人間関係の悩みを抱えていると最良のパフォーマンスは発揮されにくいものです。

チームスポーツならなおさら勝敗に大きく影響します。俺は一人だってやり切れる、と逆風をチャンスに捉える人もいますが、プラス思考のトレーニングを積んでいないとこれがなかなか難しいのです。

普段からチームメートや同僚と良い関係を築いておくためにも、コミニュケーションスキルを磨いておきたいものです。

大きな声で挨拶する、相手の話をよく聞く、理解する、などはもちろん大切ですが、ここはより親密に。相手の長所を見つけて、口に出して褒めてみる。

仲間との関係が良好になると、雰囲気も一気に明るくなるはずです。団体競技で勝ちたい、チームプロジェクトを成功させたいときには特に意識しましょう。

8,徹底準備

一度ゴールを定めたら、それに向けて進むための準備も忘れてはいけません。

サッカー選手が試合前の芝の状態や天気のチェックを欠かさないのは、雨でグランドが滑りやすくなった場合はどうプレイしようかと、最悪の事態を想定しているからです。

これはビジネスでも同じです。プレゼン中に、もしもパワーポイントが映らなったらどうしようかと考えます。そこで思考が停止してしまうのは、ネガティブ思考の人です。映らなかったときのために別途資料を用意しておけるのは、プラス思考の人です。

最悪の状況をシュミレーションするだけでなく、対処法や解決策を考えておくのが徹底準備であり、それができると自信にもつながるのです。的確な事前準備を行うには、1日の終わりにその日を振り返り、良かった点と悪かった点を復讐することが大切です。

まとめ

ゾーン状態を作り出すポイントは、まずは「志を高く持つこと」と「ゆとりと揺らぎ」を持つことのようですね。

ゾーン状態を作り、スポーツやビジネスに活かしていきましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

男性の悩みならメンズボディの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

男性の悩みならメンズボディの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

mensbody編集部

フィットネスをはじめ、筋トレ方法、ヘルスケア、恋愛術など、男性のライフスタイル全般のトレンド情報をお届けします。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 白髪が目立ってきた時、まず最初に考えるべき対策とは?

  • 精力剤の成分は本当に効果があるのか?精力増進に必要な成分を検証してみた!

  • 太りたい男性必見!痩せすぎの男性が体重増やす裏ワザ

  • 人生に変化を起こすと決意する

関連記事

  • 誰にもできる開運術!新しい年に向け掃除で運気をアップさせよう!!

  • ネガティブな態度をやめ、自分の人生に責任を持つこと

  • 雰囲気イケメンで十分!婚活で好感を持たれる外見の最低条件とは?

  • ビタミンCはカラダにいい万能薬だった?その意外な効果に驚き!

  • ものの見方を変える!変えることのできない状況をどうやって乗り切るか?

  • 好きな仕事をすることが、あなたの才能を引き出す唯一の方法