1. TOP
  2. メンズビューティー
  3. 冬の乾燥に注意!男の肌にこそ潤いが必要なのだ。

冬の乾燥に注意!男の肌にこそ潤いが必要なのだ。

冬の乾燥に注意!男の肌にこそ潤いが必要

シワやたるみなどの肌のトラブルの元凶は、すべて”乾燥”にあると言っても過言ではありません。

乾燥する冬場は、とくに注意が必要!

適度な潤いのある肌を維持していくためにも、乾燥の怖さについてきちんと理解しておきたいものです。

乾燥は肌に深刻なダメージをあたえる!

ほとんどの肌トラブルは乾燥が原因と言っても過言ではないほど、肌に深刻なダメージをあたえるのが乾燥なのです。

乾燥がもたらす肌への悪影響が以下の通り。

  • 肌の水分が奪われると、シワやたるみの原因に
  • 肌のバリア機能が低下すると、免疫力の低下を招くことも
  • 皮脂で守られていないため肌荒れしやすくなる
  • 角質が乱れてしまい、実年齢よりも老けてみえる

などなど、肌の乾燥は百害あって一理なし!

乾燥に気を配っている女性は多いのですが、いかんせん男は乾燥に無頓着な場合が多い。
肌がカサカサしてきても季節のせいだと考えて何の対策も講じないケースが多いのです。

また、乾燥肌でもニキビができることもありますし、ほったらかしのままだと肌はどんどん荒れてしまい、取り返しのつかないことにもありかねません。

肌を乾燥から守り、きちんと保湿することが健康な肌への第一歩なのです。

実は皮脂が強い味方だった?

皮脂が強い味方だった?

多くの人は皮脂は良くないものと考え、取り除くことが美肌には欠かせないと考えています。
確かに皮脂によって肌がベタベタするのは気持ちのいいものではないし、あぶらとり紙を常備しているという人も少なくないようです。

しかし、皮脂を悪者と決めつけるのは間違い!

いくら皮脂を洗い流しても、再びカラダの表面に出てくるのは、もちろん皮脂が人体に必要だから。

皮膚は腸に次ぐ表面積をもつ免疫器官ともいわれていて、ウイルスや雑菌など、カラダに有害なものが入り込むのを防いでくれる役割があるのです。

これをバリア機能といい、皮脂もその一役を買っているのです。
だからこそ、悪者と決めつけるのではなく、カラダを外敵から守ってくれる味方と考えられるのです。

また、水分が蒸発するのを防ぐフタとしても皮脂はとても有能なのです。

毛穴の内部から分泌されると、肌にゆっくり広がって肌を包み込み皮脂膜となり、体内の水分を守り乾燥を防いでくれるというわけなのです。

皮脂の働きのこともしっかりと知っておきましょう。

皮脂を取り除いた後のケアが大切

乾燥から肌を守るためは、きちんとしたケアが欠かせません。

皮脂が失われれば水分が奪われ、シワやたるみを招く。

また、肌のバリア機能が低下すれば、免疫力の低下を招き、病気にかかりやすく、なおかつ治りにくい体質になってしまう可能性もあるのです。

前途のように、乾燥は多くの肌トラブルを引き起こす原因で、皮脂が乾燥を防ぐバリアになってくれているわけですが、やはり、古くなって酸化した皮脂は雑菌の温床となるので、落とす必要があるのです。

となると、やはり洗顔が大切になるのです。

洗顔では汚れやホコリと同時に古い角質も落ちてしまうので、どうしても潤いが無くなってしまいます。

そこで、しっかりと洗顔をした後は、化粧水などで保湿をし、その後は乳液やクリームで潤いが逃げないようにフタをすることがポイント。

乳液はベタつくので抵抗がある人もいるかもしれませんが、乾燥を防ぐためにも、ぜひ使用することをおすすめします。

化粧水と乳液でしっかり保湿

化粧水と乳液で保湿

顔を洗ったら保湿することを習慣化しましょう。

洗顔から保湿へは手早くが基本。できれば30秒以内に保湿を開始する方が良いでしょう。

保湿の基本は、まずは化粧水で水分を与え、その後は乳液やクリームといった油分の入ったものでフタをするというイメージです。水分の後に油分という順番が鉄則!

保湿剤選びの基本は化粧水と乳液またはクリームの2本立て。オールインタイプなどは旅行などには便利なので、使い分けても良いでしょう。

ただし、アルコール入りは刺激が強く、乾燥しやすいので避けた方が良いでしょう。

化粧水のつけ方

水分を補給するのが化粧水の役割。

皮脂が過剰に分泌される主な原因が乾燥なので、適度な保湿をすることでベタつきやテカリも軽減されます。

ベタつきが気になる人ほど、きちんと保湿を心がけましょう。

化粧水をつけるときは、バシャバシャと手で塗るやり方で問題ありませんが、激しく叩いたりせずに、優しく染み込ませるようにつけましょう。

面倒くさい人はスプレーで化粧水を顔に吹くのもアリ。また、じっくり染み込ませたい人はコットンを使う方法もあります。

乳液・クリームのつけ方

化粧水で水分補給した後は、乳液やクリームの油分でフタをしましょう。

この時に気を付けるのは、化粧水が浸透しきってから次のステップへ移るということ。

乾燥の気になる部分からつけていき、顔の内側から外側へと塗るようにします。

また、Tゾーンのベタつきがすごい人は、やや少な目にするなど自分に合った適量に調整してつけていきましょう。

まとめ

乾燥が肌にとって非常にストレスを与えていることがご理解いただけたのではないでしょうか?

冬はとくに空気が乾燥するので、肌ケアが必須です。

保湿剤選びでお悩みの方は、あの有名イケメン俳優も使っているとSNSで大人気のスキンケアセットがおすすめです。

あのイケメン俳優も愛用中!できる男が選ぶスキンケア用品とは?

あのイケメン俳優も愛用中!できる男が選ぶスキンケア用品とは?

ぜひ、上記の記事も参考にして下さいね。

 

\ SNSでシェアしよう! /

男性の悩みならメンズボディの注目記事を受け取ろう

冬の乾燥に注意!男の肌にこそ潤いが必要

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

男性の悩みならメンズボディの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

mensbody編集部

フィットネスをはじめ、筋トレ方法、ヘルスケア、恋愛術など、男性のライフスタイル全般のトレンド情報をお届けします。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 白髪が目立ってきた時、まず最初に考えるべき対策とは?

  • 精力剤の成分は本当に効果があるのか?精力増進に必要な成分を検証してみた!

  • 太りたい男性必見!痩せすぎの男性が体重増やす裏ワザ

  • 人生に変化を起こすと決意する

関連記事

  • もはや中高年だけの問題じゃない!その体臭の原因は加齢臭かも?

  • 男のスキンケアは、女子との距離感にも影響アリ!

  • 薄毛男性の希望の星!ハゲてもモテるセレブ中年男の共通点とは?

  • 髪に良い習慣と悪い習慣!育毛には毎日の生活を見直すことが大切

  • 白髪はなぜ生える?白髪と上手に付き合う方法

  • 肌荒れしないヒゲ剃りテクニック!シェービングの基本とは?