1. TOP
  2. メンズビューティー
  3. 無臭がいいはもう古い!?男の香水入門

無臭がいいはもう古い!?男の香水入門

時代とともに日本人男性の香りに対する意識が
劇手に変化していますね。

まず、香水を使う男性が増え、
女性もそれを歓迎しているのです!

以前は香水を使う男はキザの代名詞でしたが、
今や男も香りに気を遣うのが当たり前なんです。

今回は香水についての基礎知識をご紹介します。

香水の基本を知る

香水はアルコールのなかに様々な香料を溶かし込んだもの。

その種類は、どれだけ賦香率(ふこうりつ)が高いかで分類されます。

賦香率とは、アルコールに溶かした香料の濃度のことで、
その割合によって香りの強さや持続力が違ってくるのです。

一番賦香率が高いのがパルフェム。
それからオーデパルファム、オートトワレという順で、
最もライトなものがオーデコロン。

  1. パルフェム…最も多く香料が含まれているのがパルフェム。メーカーやブランドによってまちまちですが、賦香率はおよそ15~25%。フランス語で香料・香水の意味があり、少量でも十分に香ります。男性用のパルフェムは、ないものと考えた方が良いでしょう。価格は高めです。
  2. オーデパルファム…パルフェムの次に強いのがオーデパルファム。一般的な賦香率はおよそ10~15%。現実的に男性が使う香水の中では、最も香り成分の濃いものといえます。持続時間は5時間前後で、価格はパルフェムよりは控えめです。
  3. オードトワレ…香水の中で商品数が最も多いのがオードトワレ。賦香率はおよそ5~10%程度で、持続時間は3~4時間程度です。香りは濃くないので(とはいえつけ過ぎはNG)、ビジネスでもプライベートでも幅広く使うことができます。
  4. オーデコロン…賦香率は3~5%とわりと低く。持続時間も1~2時間ととても短いので、カジュアルに使うことができます。ほんのりと香ってすぐ消えるので、寝る前に香りを楽しむのもおすすめ。

今の日本では、男性はほのかに香らせるくらいがいいですね!

男性の香水のほとんどがオードトワレであることですし、
まずはここから好みのものを探すのが良いでしょう。

香水の4大分類

ファッションにジャンルがあるように、
香水にも系統があるのです。

男性用の香水でメジャーなものが、
シトラス、オリエンタル、フゼア、シプレの4つです。

  1. シトラス…柑橘系の香り。さっぱりしてフレッシュ、ジューシーな印象です。日本人男性に人気が高く、原料はレモンやグレープフルーツ、オレンジ、ベルガモットなど。自分をリフレッシュしたい時におすすめ!
  2. オリエンタル…甘く濃厚でエキゾチックな雰囲気な香り。香りの原料は、樹木、香辛料、ムスクなどの動物性香料など。最近は人気が高まっていて、夜のパーティーやデートで魅力的な演出をしたい時におすすめ!
  3. フゼア…男性らしいさわやかさと温もりを感じる香り。労保の代表的な香水が名前の由来になっています。ラベンダーやクマリンなどが有名。ビジネスでもいいですが、カジュアルダウンして少しくだけた場にしっくりきます。
  4. シプレ…森のような深い香り。樫などに生える苔であるオークモスや、土のしっとりとした落ち着きが漂います。豊かな自然を感じさせるオークモスの芳しさがあります。フォーマルな席やビジネス、少しランクの高いパーティにも合います。

香水のつけ方

香水をつけることは英語で「wear」といいます。
ニュアンスとしては「つける」ではなく「まとう」ということ。

男性らしいさりげない香らせ方を覚えておきましょう。

  1. 背中…香りを前面に押し出すのは少しやり過ぎ感があります。すれ違ったときに軽く香るように背中にかけるのがいいでしょう。肩越しに軽くふりかけ、香水がふわっと背中に乗るイメージで。
  2. …腰から脇腹につけるのもおすすめ。腹の正面につけると、正面にいる人にだけ強い香りが向いてしますが、腰なら周囲に自然と香りを漂わせることができます。
  3. ひざ裏…顔の近くに香水を使い続けると、香りに慣れて、使う量がどんどん増えてしまいます。そこでおすすめなのがひざ裏。ここなら鼻から遠いし、服が香り過ぎを防いでくれます。
  4. くるぶし…香水はアルコールなので下から上に向かって香りが漂います。そんな性質を利用してつける場所がくるぶし。とくに夏場のショートパンツのときにおすすめです。

香水を手首にこすり合わせるのは、
よくあるしぐさですが、実はNG。

摩擦することで、芳香成分が濁ってしまうこともあります。

同じ理由で、うなじと手首をこすり合わせるのも避けましょう。

香りの立ち方

香水の香りの立ち方には、
トップノート、ミドルノート、ラストノートの3段階があります。

  1. トップノート…香水の第一印象となる香りで、最初の10~15分くらい。アルコールの揮発によって柑橘などの軽い香りが鮮やかに立ちますが、短い時間ですぐに弱まっていきます。
  2. ミドルノート…香水の最もキーとなる香りで、トップノートの次に来る香りがミドルノートです。2時間くらいもつため、このときの芳香がその香水の核であると判断します。
  3. ラストノート…ニドルノートの後、2~3時間続く香りのこと。少しづつ芳香が薄れ、最後には消えます。重めの香料で、ウッド系やムスク、樹脂系などが多い。

香水を選ぶときは、トップノートだけで判断せず、
最低でも10分以上経ってミドルノートになってから判断しましょう。

できれば肌につけてみて、
自分の体臭との相性を確信して決めることも重要です。

ムエット(試香紙)で臭いを確認する場合は、
鼻から少し離してから香ること。

連続で何種類も試すと、本当に香りが解らなくなるので、
鼻をニュートラルにしたいときは、
コーヒー豆の香りをかぐのが良いでしょう。

まとめ

男は無臭が一番!そんな時代もありましたが、
柔軟剤ブームを見てもわかるように、
男女問わず、香りを積極的に楽しむようになりました。

自分の香りを持っていることは、ある意味でステータスです。

たとえ誰かと同じ香水を使ったとしても、
肌につけたときに起こる変化は人によって異なります。

ぜひ、自分に最も合う香りを見つけて下さいね!

眉で顔の印象が変わる!眉毛を整えて男前アップ

\ SNSでシェアしよう! /

男性の悩みならメンズボディの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

男性の悩みならメンズボディの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

mensbody編集部

フィットネスをはじめ、筋トレ方法、ヘルスケア、恋愛術など、男性のライフスタイル全般のトレンド情報をお届けします。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 白髪が目立ってきた時、まず最初に考えるべき対策とは?

  • 精力剤の成分は本当に効果があるのか?精力増進に必要な成分を検証してみた!

  • 太りたい男性必見!痩せすぎの男性が体重増やす裏ワザ

  • 人生に変化を起こすと決意する

関連記事

  • 若白髪に悩む人が急増!?若白髪ができるメカニズムと予防方法

  • もはや中高年だけの問題じゃない!その体臭の原因は加齢臭かも?

  • 第一印象アップ!自宅で簡単に白い歯を手に入れる方法

  • 眉で顔の印象が変わる!眉毛を整えて男前アップ

  • 髪に良い習慣と悪い習慣!育毛には毎日の生活を見直すことが大切

  • 男を磨くバスタイム!!正しい入浴こそボディケアの基本