1. TOP
  2. ヘルス
  3. ビールの飲み過ぎは痛風を引き起こす?痛風の本当の原因と対策

ビールの飲み過ぎは痛風を引き起こす?痛風の本当の原因と対策

年末年始は何かとお酒を飲む機会が増えます。当然、ビールの消費量も多くなりますね。

よく「ビールの飲み過ぎは痛風になる!」と言われています。これはビールに含まれるプリン体が原因と考えられているからですが、プリン体を多く含む食品は他にも多く、ビールだけが痛風の原因というわけではないようです。

男性に多い痛風の本当の原因と対策を考えてみましょう。

そもそも痛風とは?

痛風は痛風関節炎と呼ばれることもあり、ようするに関節炎を引き起こす病気です。とくに足の親指の付け根あたりが腫れあがり、激痛が走るのが特徴です。

これは、血液中の「尿酸」という物質が過剰になり、関節部位に滞って結晶化する事により起こります。

昔はあまり痛風にかかる人は少なく、贅沢な食生活を送る人達に発症しやすかったため「贅沢病」と呼ばれていました。贅沢な食事は栄養価が高く、体内で尿酸に変化する「プリン体」という痛風の原因となる成分が多く含まれるためです。

ただし、現在は飽食の時代となり、誰でも痛風になる可能性があるようになったわけです。痛風患者も年々増加傾向にあり、2013年時点で100万人を超えて増えています。

痛風を発症してしまうと有効な治療法がなく、痛みが無くなってから、尿酸値を抑える薬を飲み続けるという治療が一般的です。

そのためにも、定期的な健康診断で自分の尿酸値を把握する事が重要になってくるのです。

痛風の原因

痛風の原因となる物質が、体内で生成される尿酸という老廃物です。

この尿酸は、どんな人でも血液中に存在している物質ですが、「食べ過ぎ・飲み過ぎ」「運動不足」「過度のストレス」など、悪い生活習慣が続くと、体内の尿酸値が上昇していきます。

これが「高尿酸血症」と呼ばれる症状で、この状態が長い期間続くと、やがては「痛風」を発症させるのです。

痛風を予防するには、尿酸値を上昇させない事が大切で、「尿酸の材料となるプリン体の摂取を控える」「体内の尿酸の排出をスムーズにする」という2つがポイントとなります。

ただし、プリン体を含む食事を減らせば、尿酸は生成されないと思うかも知れませんが、プリン体は体内で生成されるため、尿酸ができないということはありません。

つまり、暴飲暴食を控えるのは当然ですが、尿酸をスムーズに排出する事が大切で、そのために体内環境を改善する必要があるのです。

世間では「ビールの飲みすぎが痛風になる」と言われていますが、決してビールを控えればいいという訳ではないのです。

痛風と関連深いプリン体とは

痛風に最も関連深い成分が「プリン体」です。

プリン体とは、DNA(遺伝物質)を構成している物質のひとつです。つまり、細胞内に存在するプリン体は、人体にとって必要不可欠な成分とも言えるのです。

そのため体は自らがプリン体を生成する機能を持ち、人が口にする全ての食品にプリン体が含まれています。ほとんどの食べ物は「動物細胞」か「植物細胞」で構成されており、それら細胞の中にプリン体が含まれているからです。つまり、細胞のある全ての生物にはプリン体が含まれているのです。

しかし、その反面、プリン体は痛風の原因物質とされ悪者扱いされています。

なかにはプリン体と尿酸を同じ成分と勘違いしている人もいます。ですが、尿酸はプリン体の老廃物です。

例えば、プリン体が「食料」ならば、尿酸は「便」だと思って下さい。食べ物は人間が生きていくうえで必要不可欠ですが、その老廃物である便を体内に溜め込んでしまえば「便秘」になるわけです。それがプリン体と尿酸の関係に例えるなら、「便秘」と同じ症状が「痛風」となるわけです。

つまり、痛風を防ぐためには、暴飲暴食を避け、尿酸の排出をスムーズにする事が大切なんです。

痛風と飲酒の関係

痛風と飲酒の関係については、昔から話題になることが多いのですが、なかでも痛風と関わりの深いのが「ビール」といわれています。

これは、ビールがアルコールのなかでも、最もプリン体を多く含んでいるからです。とくに成分の濃い傾向がある「地ビール」などにプリン体は多く、「発泡酒」などはプリン体の量が少なくなります。しかし、この発泡酒でさえ、ビール系以外のアルコールと比べたら、プリン体の含有量が非常に多いのが現実です。

これが、アルコールのなかでもビールは控えるべきだといわれている要因なのです。

ただし、痛風に悪いとされるビールでさえ、プリン体の少ない食品である「白米」等と比較してもプリン体の含有量が少ないのです。

例えば、プリン体の多い「鶏レバー」の100g分に相当するプリン体を通常のビールで摂取しようと思えば、大ビンで7本は飲む必要があります。つまり、ビールで摂取するプリン体の量は微々たる量で、飲酒が痛風に悪いとされる理由は、他にあるという事になります。

それが、「アルコールに尿酸を増やす働きがある」というものです。

つまり、プリン体に関係なく、全てのアルコールには尿酸値を上昇させる働きがあるのです。

ですので、それを理解したうえで飲み過ぎに気をつけ、週に1~2日の休肝日を定めて、飲酒をコントロールして痛風対策を行なう必要があるということなんです。

痛風を予防する食事習慣

痛風を発症しやすくなる食品は、やはりプリン体が多く含まれる食品です。

なぜかビールだけがプリン体の多い食品のように扱われてしまいますが、前記した通り、普段の食事は、ほとんどが「生き物由来の食品」のため、90%以上の食べ物にプリン体が含まれています。

また、プリン体は、肉類よりも魚介類のほうが多い傾向があります。ただし、肉類でも「レバー」だけは魚介類を凌ぐプリン体を含みます。

ただし、プリン体が少ないと言われる穀類のなかでも「大豆」には圧倒的なプリン体が含まれています。その含有量は「白米」や「パン」と比較しても断トツなので注意しましょう。

【プリン体の多い食品】

煮干し、干し椎茸、鶏レバー、マイワシ干物、かつお節、ビール酵母、豚・牛レバー、カツオ、マイワシ、大正エビ、オキアミ、マアジ(干物)、サンマ(干物)

このような食品をなるべく避け、白米や野菜を中心とした食事を心がけるようにしましょう。

痛風に良いアルカリ性食品

痛風が気になる人は、トイレの後に尿の状態のチェックを行ないましょう。尿は身体の健康を知るバロメーターです。

ポイントは、尿が「濁っているか、透き通っているか」で判断します。尿が透き通っていれば健康な状態ですが、濁っている場合は、尿が強い酸性で痛風にとって良くない状態に傾いている証拠で、肉や魚といった「酸性食品」を食べ過ぎると、この様な状態になる事があります。

この様なケースでは、強い酸性尿を中和するために、「アルカリ性食品」を積極的に取り入れ、カラダを弱酸性状態に戻す必要があるのです。弱酸性にするためのアルカリ性食品は、野菜や果物や海藻などがオススメです。

厚生労働省では1日350g以上は野菜を摂取するべきだと推奨していますが、忙しい現代人にとっては簡単なことではありませんね。そんなときは「濃縮野菜ジュース」を代用するのも良いでしょう。

そして、尿酸の排出を促すには「水」が一番です。

一般的には、1日1,5リットルの水を飲むのが良いとされていますが、痛風になりやすい「痛風体質」の人は「体重×30ml」を目安に水を飲むようにしましょう。体重70kgの人なら、2,1リッターが必要ということです。

尿が透明に近い色の状態を維持できれば、痛風のリスクは確実に下がるでしょう。

痛風の予防・対策法

痛風の予防には以下のことに注意をしましょう。

  1. 年配者が発症する症状だと思っている人も多い痛風は、実は働き盛りに多い症状で、30代で発症する事も珍しい事ではありません。痛風予防には、定期的に健康診断や人間ドックへ行き、自分の尿酸値を把握する事が大切です。
  2. 痛み出した際の一番の対処法は、すぐに病院へ行くことです。横着や我慢をして病院へ行かないと、合併症に罹る危険性も高くなりますので注意して下さい。
  3. 痛風予防には、なるべくプリン体の摂取量を抑える食生活が大切です。肉や魚ばかり食べている人は、ご飯と野菜の割合を増やすと良いでしょう。プリン体を含まない食品には、牛乳や鶏卵などがあるので活用しましょう。また、アルコールに関しては、プリン体の含有量に関係なく尿酸値を上昇させますので、飲酒の量は少ないほうがベターです。
  4. アルカリ性食品を積極的に食べる様にします。ただ、プリン体との兼ね合いを考えると面倒なのが実際です。例えば、大豆はアルカリ性食品ですが、プリン体の含有量は多いというバランスの悪さがあります。ですので、どうしても面倒な人は、食事に関してはプリン体に重点を置き、アルカリ性食品に関しては、クエン酸を飲む事で代用するという手段もあります。
  5. 水をたくさん飲んで尿酸の排出を促す。飲む水の目安は1日あたり「体重×30ml」。

まとめ

「ビールの飲み過ぎが痛風の原因」とよく耳にすることがありますが、決してビールだけが痛風の原因ではありませんね。

痛風を予防するにはプリン体の多い食事を少なくすることも大切ですが、毎日の生活習慣を見直し「暴飲暴食」を避け、適度な「運動」を続けていくことです。

いびきをかく人は要注意!無呼吸症候群が引き起こす危険性

\ SNSでシェアしよう! /

男性の悩みならメンズボディの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

男性の悩みならメンズボディの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

mensbody編集部

フィットネスをはじめ、筋トレ方法、ヘルスケア、恋愛術など、男性のライフスタイル全般のトレンド情報をお届けします。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 白髪が目立ってきた時、まず最初に考えるべき対策とは?

  • 精力剤の成分は本当に効果があるのか?精力増進に必要な成分を検証してみた!

  • 太りたい男性必見!痩せすぎの男性が体重増やす裏ワザ

  • 人生に変化を起こすと決意する

関連記事

  • セックスレスが続くとどうなってしまうのか?セックスがもたらす健康効果

  • 定番の筋トレ食「鶏むね肉」は、最強のスーパーフードだった!?

  • もしかすると「やせメタボ」かも!太っていないのに生活習慣病の危険が!?

  • 水を飲むだけで驚くほど健康に!水を飲む10のメリットとは?

  • 今のままで大丈夫?白砂糖がもたらすカラダへの悪影響

  • 【ヤバイかも!】肝臓や腎臓への副作用のあるプロテインは今すぐやめるべき?