1. TOP
  2. ダイエット
  3. お腹周りの脂肪を何とかしたい!筋トレで「部分痩せ」は可能なのか?

お腹周りの脂肪を何とかしたい!筋トレで「部分痩せ」は可能なのか?

気になるお腹周りを何とかしたいと考えて、腹筋運動をしているという人も少なくありませんね。

ですが筋トレで、いわゆる「部分痩せ」ができるかできないか、ということについては様々な見解があり、はっきりとした結論は未だ明らかになっていないというのが現状なんです。

ところが、最新の研究では、新たな事実も解ってきたそうです。今回は筋トレで部分痩せは可能なのかを考えてみましょう。

お腹周りの脂肪

お腹周りの脂肪だけを何とかしたいと考える人は少なくありません。

ですが基本的に体脂肪というものは、カラダ全体に蓄えられています。その中からエネルギー消費の過程で少しずつ溶け出すように使われていると考えられています。

そのため、積極的にお腹周りだけを鍛えたからといって、その部分の脂肪が優先的にエネルギーとして消費される事はない、というのが現在の定説なんです。

筆者の経験を言えば、減量してもお腹周りの脂肪が一番落ちにくく、一番最後に仕上がるのがお腹周りのような気がしています。お腹周りの脂肪は本当に厄介なのです。

ところが、これにも個人差があるようで、有名な筋肉ユーチューバーのサイヤマングレートさんなどは、減量するとお腹周りが一番早く仕上がると語っていました。

正直これには驚きましたが、サイヤマンさんほどの腹筋があればのこと、なのかもしれませんね。

部分痩せは可能なのか?

最新の研究では、新たな事実も解明されてきたようです。

通常、ホルモンは内臓組織から分泌されるものだと考えられていましたが、近年、筋肉もある一定以上の強度で収縮すると、その周辺の組織に対してホルモンを分泌することがわかってきました。

それをマイヨカインといい、その中にIL-6(インターロイキン6)というサイトカインが含まれています。そのIL-6は、通常、炎症を抑える役割があり、脂肪の分解も促すことが明らかになっているのです。

ということ理論上、筋トレのような大きな負荷で筋肉を収縮させると、ホルモンが分泌され、その周辺の脂肪組織の分解を促す可能性があるといこと。ただし、これに関してはエビデンスは得られていません。

しかし、これを後押しする研究報告もあるのです。それは、2012年にフィンランドの研究者によって行われた研究で、片脚はエクササイズ、片脚は休息という条件で、血液をエクササイズ前と後に採取して、その血液中のグリセロール値を測りました。

グリセロールとは、中性脂肪が分解された際に、血中に脂肪酸とともに放出される物質のことです。

この実験の結果、エクササイズをした脚の方が血液中のグリセロールの値が高かったというのです。これは運動によってその部位の脂肪が分解されて、血液に出ていると考えることができるのです。

まとめ

筋トレで「部分痩せ」が可能かどうかの議論は以前からありますが、今後もっと研究が進めば、これまでの定説が覆ることがあるかもしれませんね。

ただし、シットアップなどの腹筋運動だけをするよりも、カラダ全体を鍛えた方が早く脂肪を落とすことが可能だと思います。

腹筋は鍛える必要なし!?腹筋を割るには●●●がポイント

\ SNSでシェアしよう! /

男性の悩みならメンズボディの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

男性の悩みならメンズボディの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

mensbody編集部

フィットネスをはじめ、筋トレ方法、ヘルスケア、恋愛術など、男性のライフスタイル全般のトレンド情報をお届けします。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 白髪が目立ってきた時、まず最初に考えるべき対策とは?

  • 精力剤の成分は本当に効果があるのか?精力増進に必要な成分を検証してみた!

  • 太りたい男性必見!痩せすぎの男性が体重増やす裏ワザ

  • 人生に変化を起こすと決意する

関連記事

  • お肉をしっかり食べて健康的に痩せるケトジェニックダイエット!!

  • 体脂肪はなぜつくのか!!体脂肪を減らすために必ず知っておくべき基本とは?

  • 筋トレをした後にお酒を飲んでもいいの?筋肉とアルコールの関係

  • 背中のトレーニングは難しい?広い背中をつくる筋トレのポイント!

  • 筋トレ初心者におすすめ!自宅でできる自重BIG3のポイント

  • 今のままで大丈夫?白砂糖がもたらすカラダへの悪影響